五月大歌舞伎@新橋演舞場

4月は行かなかった大歌舞伎。
5月は昼公演のチケットを買ってありました!

電車のダイヤが乱れているからと早めに行きすぎ・・寒かった(TT)
写真は閑散とした開演1時間以上前の新橋演舞場です。

いつも思うんだけど、歌舞伎ってどうしてぎりぎりまで入れてくれないのかなあ・・。

110507b.jpg

演目は「敵討天下茶屋聚」です。

110507.jpg
(ちょっと見づらいですが^^;)

松本幸四郎が元右衛門と東間三郎右衛門の二役を演じる敵討ち話。
一人二役は天保年間以来なんだそうです。

今回はこの話のみの公演なのでストーリーはわかり易かったです。
ただ役者さん満遍なく出番があり、あまり幸四郎さん主役!という印象はなかったですねえ。
それに幕間がちょこちょこ入るせいか、緩和状態になりがちだったかも・・。

というか途中で帰る人がパラパラいてびっくりなんですけど!!
GWなので何となく歌舞伎に来た人も多かったんでしょうか・・?

11時開演で15時20分までじっくり公演。
地味な演目に感じましたが、見ごたえたっぷりの数時間でした。

5月は花形歌舞伎が明治座でやっているけれど、こちらはどうしようかなあ・・。
そういえば7月大歌舞伎のポスターが出ていましたが、海老蔵さんがしっかり載ってましたよ^^;


(2011.5.5)

タグ

2011年5月 7日

ruru (23:29)

カテゴリ:旅行・イベント

« ヴィジェ・ルブラン展@三菱一号館美術館 | ホーム | 役者は揃った。写楽展@東京国立博物館平成館 »

このページの先頭へ