ルオーと風景@パナソニック電工汐留ミュージアム

パナソニック電工汐留ミュージアムで開催中の「ルオーと風景 パリ、自然、詩情のヴィジョン」へ。

ここはパナソニック電工の東京本社ビルにあるこじんまりとした美術館。
ショールームなんかも同じビルにあります。

110525c.jpg

元々ジョルジュ・ルオーの作品を多く常設しているのですが、今回は内外合わせて90点近くのルオー作品を風景というテーマの下に集めた展覧会となっています。

110525b.jpg

去年は版画の展覧会があったような・・。
これですね。

ユビュ 知られざるルオーの素顔@汐留ミュージアム



さて、まずは美術学生時代の風景画から。
ポスターにもなっている『人物のいる風景』は、ルオーの強い線画とイメージが異なるような。。
若い頃はこんな絵を描いていたのか・・・と思いきやその後はずっと私の持つルオーのイメージ通りの作品が続きました。
黒を効果的に使った独特の世界です。

版画や宗教画のイメージが強かったので、風景画をそんなに描いているのかな?と思いましたが、"人がいて景色がある"と考えると確かにたくさんある^^;
後半はどっぷり宗教画だし。

説明に「ルオーは自然の美と悲劇性といった自然への相対する世界観を持っていた」とあり、なるほどという印象です。

子供向け展示がされていたのがちょっと不思議でした。
夏休みでもないし・・GW用だったんでしょうか。
でも子供用のコーナー"ルオーの王国"もかわいらしく出来上がっていて良かったですよ。
お子様用のとっても可愛い机と椅子が置いてあったんですが、そこで休憩している年配の方がいてなんだか微笑ましかったです*^^*

平日夕方でしたが、人がまばらで空いていたのでゆっくりマイペースに鑑賞できて良かったです。
普段は18時まで開館しているのですが、節電のために17時までになっているのが残念ですが、今は仕方ないですね~。
会社帰りには間に合いませんが、土日にでも^^


(2011.5.25)

タグ

2011年5月27日

ruru (12:02)

カテゴリ:旅行・イベント

« 生誕100年人間・岡本太郎展@川崎市岡本太郎美術館 | ホーム | コレクション展@川村記念美術館 »

このページの先頭へ