長野旅行2.長野県信濃美術館・東山魁夷館

善光寺から歩いてすぐの長野県信濃美術館・東山魁夷館へ。
今回の旅の1番の目的でもあります^^

110717n.jpg

観光客で賑わっているのかと思いきや割りとひっそりしていました。
↓中庭です。

110717o.jpg

この長野県信濃美術館・東山魁夷館は、ご本人から寄贈された作品などを約900点も所蔵するという東山魁夷ファンの聖地!?であります。
ということで期待が大きく・・大きすぎたというか・・。

現在の展示は「北欧の魅惑」。
あの北欧シリーズを集めたものです。

展示作品は74点とそれなりなのですが、ほとんどがスケッチと下絵・・。
スケッチ→下図→本制作と展示があるものは、構図や色彩の変化など製作過程を知ることができて面白いのですが、ほとんどは本制作品がなく、スケッチのみもしくはプラス下図で終わってしまいます。

せめて本制作品の収蔵場所がわかれば、後日確かめに行こう!という気持ちにもなれるのですがそれもないのでただただスケッチを見ていくだけのような展示。
横にちょこっと「本制作は○○美術館所蔵」と入れてくれればいいのに・・。

もちろんスケッチも素晴らしいのですが、やはり本制作品を見ると全く違うわけなのでちょっとがっかりです。

東山魁夷展など大型展覧会を知ってしまっているのでかなり物足りないものがありました。
ご近所ならばそれでも良いかもしれないですが、わざわざ出かけていったことを思うと期待はずれは否めない・・残念。


予定より早くに見終わってしまったので再び善光寺へ。
朝はすかすかだったのにちょっとの時差で混雑が始まっていました。
大型バスが入り始めると一気に混むのでしょう。
ガイドツアーなどを見かけました。

こちらはマイペースに境内の散策をしたり善光寺資料館などを見学したりしました。
善光寺資料館内は羅漢さんやダライラマから贈られた曼荼羅などが展示されていました。
結構展示品も多く、時間があるなら見た方が良いです^^

入り口にいた一人ぼっちの狛犬さん。
(パートナーが見つけられず・・)

110717l.jpg

牛つながりらしいけれど「乳牛じゃないだろっ!」と突っ込んでしまったオブジェ。
母善子と娘光子。。

110717m.jpg

近くのお蕎麦屋でお昼をいただいていざ松本へ!

110717q.jpg
(十割そば 大善にて)


こちらは郵便局。
110717p.jpg

さすが一大観光地だけあって周辺の町の様子も雰囲気があります。


(2011.7.17)

タグ

2011年7月27日

ruru (09:59)

カテゴリ:旅行・イベント

« 長野旅行1.善光寺 | ホーム | 長野旅行3.松本城 »

このページの先頭へ