モダン・アート,アメリカン@国立新美術館

国立新美術館で開催中の「モダン・アート,アメリカンー珠玉のフィリップス・コレクション」へ。

111014b.jpg

国立新美術館は金曜日は20時まで開館しているので、待ち合わせ前にさくっと寄って観てきました^^
本当は毎日遅くまでやって欲しいものですが、採算合わないんですかねえ。

空いているという情報は得ていましたが、本当に空いている・・驚くほど空いていました。。
印象派系だと待ち時間まで出るというのに・・。

私自身は雑食で何でも観たい人間なので結構楽しみにしていましたよ*^^*

この展覧会は、アメリカのフィリップス・コレクションの巡回展。
19世紀後半から20世紀初期を中心とした近代アメリカの作家が中心です。

発展し続けるアメリカの都市やそこに暮らす人々を描いた作品が多いですが、不思議なくらいアメリカを感じます。
ヨーロッパの絵画とは雰囲気が全然違う。
どことなく雑多な印象の街やビル郡や描かれる人たちからも移民の国アメリカをありありと感じることができます。
描いている作家自身も移民や外国人だったりしますからね。
国吉康雄の作品も一点ありました。

私などは浅い知識しかないので、ポロックやロスコ、ホッパーあたりしか知らなかったのですが十分楽しめました。
チラシなどに使われているオキーフの絵画も、それほど良い印象でなかったのに生で観るとはっとしました。
絵画と印刷ってどうしてこうも違うのか。。

好き嫌いがあるかもしれないですが、ヨーロッパの絵画とは一味違うアメリカ絵画も良いものです^^v

111014.jpg


(2011.10.14)



タグ

2011年10月16日

ruru (18:45)

カテゴリ:旅行・イベント

« トゥールーズ=ロートレック展@三菱一号館美術館 | ホーム | 福島県会津若松へ行きました♪ »

このページの先頭へ