千葉市美術館寄贈・寄託作品展

千葉市美術館の「寄贈・寄託作品展」へ行ってきました!

120224b.jpg

120224.jpg

特別展ではないこともあって一般料金200円という格安具合ですが、内容の充実度はかなりのもの。

昨年開催されて人気だった田中一村の作品もたっぷり展示されています。
この展覧会へは行けなくて残念な思いをしていたのでお得な気分です♪

今回は「嬉遊会コレクションー江戸絵画を中心に」「小泉癸巳男≪昭和大東京百図会≫」「田中一村」の3部構成になっています。

一村も良かったけれど、私は「小泉癸巳男≪昭和大東京百図会≫」の方が印象に残りました。

"昭和の広重"を意識したという昭和初期の東京名所100図の版画です。
爽やかな色調で当時の東京の様子を伺うことができて見ていてとても楽しい!
もちろん広重の版画とは趣が全く違い、モダンな印象です。

千葉でより都内(江戸博とか・・)でやった方が関心ある人が多いかもしれないですね。

↓わかりにくいけれど入り口柱にあしらってありました。こんな感じの版画。

120224c.jpg

画集があったら買って帰りたいなと思いましたが売ってなかった。。


「嬉遊会コレクションー江戸絵画を中心に」の方はやや時代が遡っての日本画関係。
応挙や崋山、清方などなど。
豪華な顔ぶれのコーナーでこちらも見ごたえありました。

大きな特別展ではないものの飽きることなく見ごたえ十分な展覧会でした。

千葉市美の次は曾我蕭白です。
インパクトの強いチラシが配布されているので話題を集めそう。。
どんな展覧会になるのかとても楽しみ*^^*


(2012.2.24)





タグ

2012年3月 1日

ruru (11:27)

カテゴリ:旅行・イベント

« 蔵前ランチとスカイツリー | ホーム | 清水晃(漆黒の彼方)・吉野辰海(犬の行方)展 »

このページの先頭へ