岡山・倉敷旅行9.本町通り~倉敷市立美術館

阿智神社から再び本町通りに降ります。
この辺りも古い建物を残していて雰囲気があります。

今も使われている中国銀行倉敷支店倉敷本町出張所は大正11年からのものらしい。
モダンです。

okayama76.jpg

どこも銀行は歴史的建築物として保存されている。
それだけ当時財力があって、土地で長々と経営できているのだろうなあ。


中は入らなかったけれど、いがらしゆみこ美術館。
キャンディキャンディの漫画家さんですが、倉敷の出身なのだとか。

okayama88.jpg

ドレスを着て写真が撮れるらしく、誰がそんなのするんだと思っていたら、カップルが熱心にドレスを選んでいた^^;
いいお年に見えたが。。
いや、コスプレ願望は誰にでもあるんだよ、きっと。
私も子供の頃キャンディの看護婦さんセットが欲しかったもの・・。

さて、倉敷美観地区もかなりぶらぶらしたので終了することに。


最終日には倉敷市立美術館をさくっと覗いて帰路につきました。
丹下健三の設計らしいけれど、全貌がわかる写真は撮り忘れてしまいました。

okayama91.jpg

丁度「ちいさなちいさな遙邨展」として池田遙邨の展覧会が開催されていました。

okayama92.jpg

日本作家さんですが、恥ずかしながら知らず。。
ふわっとした柔らかい画風ですね。

岡山の景色が多いのかと思いきや、富士山が多かったり場所は関係ないみたい。
商品80点だから"ちいさなちいさな"となっているようですが、結構見ごたえありました。
8,000点以上所蔵しているらしいのでそこから考えて小さいってことなんでしょうか。

別階では岡本唐貴のスケッチなどの展示がありました。
岡本唐貴は、プロレタリア画家で漫画家白土三平(『カムイ伝』!)のお父さんだそうです。
労働者や庶民、小林多喜二のスケッチなども。
無料で観れました^^

やはり地元縁の画家さんは大切にしなくては!
うちの地元ときたら~超大御所の先生を抱えながら作品を逃すとは。
バブル期に何してたんだッ市役所め~(`A´)


下は倉敷名物「むらすずめ」。
クレープ風の皮であんこをつつんだお菓子。
なんとなく買ったのだけど美味しかった*^^*

okayama93.jpg

そして備前焼をお土産に。
下の畳もです。

okayama95.jpg


3泊4日の岡山・倉敷旅行。
2泊3日よりはゆっくりできるかな~と思っての計画でしたが、割と余裕があったので2泊3日で十分だったかも。
人よりじっくり観るので一般的な日程よりいつもゆとりをもたせることにしているのですが。

お天気が悪かったのが残念ながら、色々観光できてとても充実した旅行になりました♪

旅行は思い切りだなあ。
国内なんてすぐ行けるのだからバンバン行こう!
4月は京都です^^v


岡山・倉敷旅行終了。
(2012.3.5~3.8)


タグ

2012年3月17日

ruru (12:52)

カテゴリ:旅行・イベント

« 岡山・倉敷旅行8.倉敷雛めぐり(阿智神社) | ホーム | フェルメール光の王国展@フェルメール・センター銀座 »

このページの先頭へ