佐原の歴史的町並み@佐原その2

水郷佐原水生植物園から復路もシャトルバス"あやめライナー"で。
帰りは佐原の古い町並みを見ることができる保存地区に立ち寄ることができます。

佐原町並み交流館というところで降りると、観光地図がもらえます。
大型バスも結構いました!
現地のボランティアガイドの方に案内してもらっている団体さんの姿も。

ちょっとした区域だけですが、江戸の雰囲気を味わうことができます。

120614y.jpg


120614q.jpg


名物ジャージャー橋。
小野川にかけられた樋橋で、30分おきにジャージャーと水が流れます。

120614v.jpg


こちらは旧三菱銀行佐原支店。
なんか見たことある感じですね~。

120614n.jpg

三菱に限らず歴史的建築物っていうと銀行率高し。
それだけ儲けていたのね。。

中村屋乾物店。
明治の建物です。

120614o.jpg

中村屋商店。
店舗は安政からのもの!

120614p.jpg

佐原は震災の影響がかなりあったらしく、道路が陥没したり、瓦が落ちたりと大変だったみたいです。
未だ修復工事中のところが多々ありました。

佐原と言えば、の伊能忠敬旧宅もブルーシートに覆われていました・・。

120614r.jpg

敷地内には入れますが、中には入れず。
楽しみだったので残念。

120614s.jpg

伊能忠敬は実測で日本地図を作成したことで有名ですが、隠居後に上京して暦学を学び、55歳から測量を開始したそうです!
そうなのかあ・・そんな歳からとは知らなかった。

120614t.jpg

120614u.jpg

下手な武士より尊敬できる地元の名士です。

伊能忠敬の実績などは伊能忠敬記念館で観ることができます。
観光用でたいしたことないだろうなんて思って入ったのですが、忠敬の人生や当時の測量法のやり方の説明・地図の展示などがあってすごく面白かった!

120614w.jpg


当時作成された地図は今とほぼ同じ。
息子に家を譲り、私財を持ち出し、50を過ぎて若い学者について勉強を始め、日本国中を歩いて地図を作成したという気力がすごい。

「伊能忠敬を大河ドラマに!」ののぼりをあちこちで見ましたが、確かにドラマにする価値ある!!
・・大河にするにはちょっと地味かもしれないけど^^;

保存地区入口の忠敬橋には測量器具のモチーフが。

120614x.jpg

忠敬に興味津々、一気にファンになった一日でした。

佐原のあやめ祭りは6月24日まで。
はす祭は7月7日~8月12日までです。

(2012.6.14)

タグ

2012年6月20日

ruru (19:20)

カテゴリ:旅行・イベント

« 水郷佐原あやめ祭り@佐原その1 | ホーム | 箱根旅行1.箱根湿生花園 »

このページの先頭へ