新春浅草歌舞伎@浅草公会堂

お正月恒例の新春浅草歌舞伎。
今年は4日に第2部を、13日に第1部を観に行きました。

昨年は2日に行ったので浅草寺周辺は激混みでしたが、4日になると大分落ち着いていますね。
無事浅草寺でお参りすることができました。

120104.jpg

三が日だと詰まっていて動かない辺りものろのろ進んでいます。

120104b.jpg

ああ、お正月っぽい(笑)

120104c.jpg

浅草の町をぶらぶらしてから浅草公会堂へ。

120104d.jpg

今年の演目は、第1部が「南総里見八犬伝」と「廓文章」、第2部が「敵討天下茶屋聚」です。
猿之助襲名を控えた亀治郎は今年で最後。残念。。

「南総里見八犬伝」は、お正月らしい華やかさがあって良いかも。
八房がブチ犬でポチって感じだったのには笑いましたが^^;

この浅草では、亀治郎の存在感が半端ない。
客席の空気をつかんで盛り上げてくれていました*^^*
出てくるだけで笑いが起きたり。

壱太郎の女形は初々しいなあ。。
色気はあまりないけれど、可愛らしさがある。

「廓文章」は愛之助の独壇場。
愛之助ファンにはたまらないんじゃないでしょうか。
話の内容としては、放蕩息子の甘えっぷりになんじゃそりゃって感じですけどね。

第2部の「敵討天下茶屋聚」はなんだか記憶も新しい演目なんだけど・・と思ったら去年の五月大歌舞伎で観てました。
亀治郎バージョンは随分笑いありの喜劇風でした。
同じ演目でも役者によって全く違うっていうのが舞台の面白さです。

この新春浅草歌舞伎、今後は平成生まれの若手中心でやっていくのでしょうか。
亀ちゃんいなくなったら来年からはどうしようかな~。
でもお正月に浅草っていうのが雰囲気あって良いからなあ・・・悩むところです。


浅草神社の方は4日も長蛇の列だったので、13日に改めてお参りしました。

120113f.jpg

立派な狛犬。
存在感抜群。

120113.jpg

もっふりした可愛い狛犬もいました♪

120113b.jpg

屋根の上にも・・(゚∀゚)(゚∀゚)!!

120113c.jpg

見たら撮らずにはいられないスカイツリー。

120113d.jpg

常に観光客で賑わっている雷門も夜になれば静けさを取り戻します。

120113e.jpg

ブログを書くのが随分遅くなったけれど、私の新年は箱根駅伝とこの浅草から始まるのです^^v


(2012.1.4&1.13)


タグ

2012年1月23日

ruru (20:35)

カテゴリ:旅行・イベント

« 沖縄旅行4 | ホーム | 大相撲一月場所@両国国技館・平清盛展@江戸東京博物館 »

このページの先頭へ