伝統芸能の今2012@浅草公会堂

ゴールドリボン+世界の子どもにワクチンをチャリティー企画"伝統芸能の今2012"へ出かけてきました。

120908.jpg

ゴールドリボンというのは小児がんへの支援を呼びかける活動だそうです。
乳がんのピンクリボンは知っていたけれど、ゴールドリボンは知らなかったので良い機会でした。


演目はまずは「六道の辻」。
猿之助・愛之助・茂山逸平による新作狂言劇。

音楽は笛の一噌幸弘さんと囃子方の田中傳次郎さんなんですが、笛がなんかすごい。。
何種類もの笛を巧みに操っていて、一度に2本吹いたり角笛みたいなのまで登場していました。

劇はちょっと笑える寸劇みたいな感じで堅苦しさもなく気軽な感じでした。
衣装も軽くて時間も短め。
それでも猿之助・愛之助という実力派だったし、茂山逸平もさすが声通るわ~とほれぼれだししっかりした内容になっていました。


チャリティー公演なので、「公益財団法人がんの子どもを守る会」、「認定NPO法人 世界の子どもにワクチンを日本委員会(JCV)」の代表の方の挨拶があったり、出演者たちのトークがあったり。

楽しみながら少しでも役に立つなら何より。
小児がんは段々治る病気になってきているんですって。
良かった良かった。

座談会が意外と長くて、歌舞伎と狂言の関係やら個人的なトークやらお楽しみが盛りだくさんでした♪

しかもラッキーなことに、たまたまこの日だけ吾妻宏光が特別ゲストで来ていました!
津軽じょんがらもオリジナル曲も惜しみなく弾いてくださってお得だった~ (*^-^)


その後猿之助の踊り。
「龍神」という創作で、今度は衣装も歌舞伎風。
幻想的な雰囲気の中力強い踊りを見せてくれました。

しかし笛合うわ・・。


時間も短く結構あっさりとした舞台でしたが、チャリティーなのでこんなものなのでしょう。
来年もあるのかな?


(2012.9.8)



タグ

,

2012年9月17日

ruru (23:53)

カテゴリ:旅行・イベントコンサート・芸術鑑賞

« 横浜平沼水天宮例大祭 | ホーム | 二条城展@江戸東京博物館 »

このページの先頭へ