秀山祭九月大歌舞伎@新橋演舞場

9月の歌舞伎は"秀山祭九月大歌舞伎"へ。
今回は夜の部のみ。

演目は「時今也桔梗旗揚(ときはいまききょうのはたあげ)」と「京鹿子娘道成寺」です。

120902b.jpg

市川染五郎の怪我による休演で、中村歌六に変更が出ていました。

「時今也桔梗旗揚」は、光秀が恥辱に耐え続け、遂に反旗を翻すまでのお芝居。
名前は武智光秀・小田春永となっていますが、まあ日本人なら誰もが良く知る例のアレです。

光秀は吉衛門さん。
さすがの迫力で素晴らしい。
以前若者役で貫禄あり過ぎてどうもな・・って思ったのがあったのだけれど、こういった武士の役ははまりますね。

小田春永は染五郎が演じるわけだったのですが、歌六さんで正解だったかも。。
こちらも信長らしく堂々としていて安定感抜群。

話が分かりきっているので安心して観れるのも良いところ。


第二部は福助さんの「京鹿子娘道成寺」。
衣装を替えながら舞い続ける姿が美しい・・!
魅入ってしまいました。
あの色気のひとかけらも自分にはないなって思ったり・・。


実は今回けちって初めて2階の左席にしてみました。
舞台は結構良く見えるのだけど、花道が見えない・・(゚Д゚)
噂のモニター鑑賞初体験。
いやあ折角の見せ場がモニターっていうのはやっぱりつまらない。
もう嫌だなあ・・二度とけちるのはやめよう。。

客入りもまあまあ。
今年の秀山祭も成功なんではないでしょうか。

120902.jpg

(2012.9.2)


タグ

2012年9月17日

ruru (22:58)

カテゴリ:旅行・イベントコンサート・芸術鑑賞

« yonda?CLUB・Zipper付きブックカバー到着♪ | ホーム | 横浜平沼水天宮例大祭 »

このページの先頭へ