通し狂言塩原多助一代記@国立劇場大劇場

10月の歌舞伎は国立劇場の方へ。

国立劇場では「通し狂言塩原多助一代記」を公演しています。

121014.jpg

実直な正直者塩原多助の半生を描いたドラマで主演は坂東三津五郎です。
公演は50年ぶりの演目なんだとか。

良い人過ぎて損をして・・いらいらするところもあったけれど、最後はしっかり報われて大団円。
笑いあり涙ありの人情劇で、人間関係などもわかりやすかったです。

昔は大人気の演目だったようですが、なんだかわかりますね。
派手さはないので好みは分かれるかもしれないけれど、通し狂言で観たこともあってか感情移入できて楽しめました。
方言もあってかザ・人情芝居という雰囲気です。

三津五郎と巳之助との親子共演も楽しみの一つ。
三津五郎演じる多助の奥さんの不倫相手を巳之助が演じるというのがなんだか笑えるw

あと片岡孝太郎さんのお花がとても可愛かった!
ベテランさんだらけなので安定感が半端ない公演で言う事なしです*^^*

(2012.10.14)

 

 

 

タグ

2012年10月20日

ruru (23:05)

カテゴリ:旅行・イベントコンサート・芸術鑑賞

« ココ・カラ。和歌山ナイト~わかやまポンチde元気チャージ!@東京カルチャーカルチャー | ホーム | 琵琶湖をめぐる近江路の神と仏名宝展@三井記念美術館 »

このページの先頭へ