バイロイト祝祭ヴァイオリン・クァルテット@東京文化会館

現在上野では「東京・春・音楽祭ー東京のオペラの森2013-」というイベントが開催中です。

これは上野を中心とした色々な文化施設でコンサートを楽しむことができる音楽祭です。

無料のコンサートもたくさんあるので要チェックです♪


たまたまチケットをもらったので東京文化会館の「バイロイト祝祭ヴァイオリン・クァルテット」へ行ってきました。


130405c.jpg


130405d.jpg
■出演
バイロイト祝祭ヴァイオリン・クァルテット
  第1ヴァイオリン:ベルンハルト・ハルトーク
  第2ヴァイオリン:ミヒャエル・フレンツェル
  第3ヴァイオリン:ウルフ・クラウゼニッツァー
  第4ヴァイオリン:眞峯紀一郎

■曲目
テレマン:4つのヴァイオリンのための協奏曲 ハ長調 TWV40:203
J.S.バッハ(木村三穂子編):イタリア協奏曲 ヘ長調 BWV971 [試聴]
キルヒナー:4つのヴァイオリンのためのエレジー《エッコ・ヴェネツィアーノ》 (ワーグナーに捧げる)
ホフマン:4つのヴァイオリンのための四重奏曲 ハ長調 op.98
宮城道雄(木村三穂子編):春の海 [試聴]
クプコヴィッチ:4つのヴァイオリンのための《ローエングリュン変奏曲》(《ローエングリン》をもとに)
番場俊之:4つのヴァイオリンのための《the sky in those days・・・》(世界初演・委嘱作品)
ダンクラ:4つのヴァイオリンのためのファンタジー《ヴェネツィアの謝肉祭》op.119


プロフィールによれば皆さん大学教授などの大ベテランばかり。
以前にも日本で公演しているようですね。

ヴァイオリン4台というのは初めて聴いた気がするけれど、深みが出て良い感じ。

席的にあまり手元が見えなかったのは残念だけど、充実した夜を過ごすことができました♪


一番良かったのは「春の海」。
編曲が良いのか。
それとも日本人だから?
演奏が素晴らしかったから?
とにかくじ~んときて感動しました!


しかし観客が少ないのが気になって気になって・・。
小ホールだから649席しかないのに半分位しか人が入っていないの。

ああいうのって主催者側が悪いと思うんだなあ。
他の会場もあんなことになってるのかな?
音楽家の人もがっかりしちゃうでしょう。
もっと売り方考えてください。。

(2013.4.5)


タグ

2013年4月 7日

ruru (16:17)

カテゴリ:旅行・イベントコンサート・芸術鑑賞

« ラファエロ@国立西洋美術館 | ホーム | フランシス・ベーコン展@東京国立近代美術館 »

このページの先頭へ