新春浅草歌舞伎@浅草公会堂

お正月恒例の新春浅草歌舞伎を観るために浅草公会堂へ。

浅草寺周辺は初詣に来た人でごった返していました。
新春浅草歌舞伎も大賑わいで盛り上がっています♪

20140104.jpg

20140104b.jpg


まずは第1部。

お年玉〈年始ご挨拶〉は巳之助の日でした。
最近一人暮らしを始めたんだって^^


源平布引滝
一、義賢最期(よしかたさいご)

木曽先生義賢 片岡 愛之助
九郎助娘小万 中村 壱太郎
待宵姫 中村 梅丸
百姓九郎助 嵐 橘三郎
葵御前 上村 吉弥
下部折平実は多田蔵人 中村 亀鶴


二、上州土産百両首(じょうしゅうみやげひゃくりょうくび)

正太郎 市川 猿之助
牙次郎 坂東 巳之助
勘次女房おせき 上村 吉弥
宇兵衛娘おそで 中村 梅丸
亭主宇兵衛 市川 寿猿
みぐるみ三次 中村 亀鶴
金的の与一 市川 男女蔵
隼の勘次 市川 門之助

「義賢最期」は愛之助の戸板倒しやら仏倒しやら派手な立ち回りもあって迫力のある演目。
何度もざわめき、悲鳴があがっていました。
私も仏倒しでの階段落ちには自然と声が・・痛くないのかなあ。。
バターンと前のめりに倒れながら落ちるのです(><)
こつがあって危なくはないのでしょうが、はらはらしてしまいます。

「上州土産百両首」は幼馴染の友情にしんみり。
お正月なのだからもっと華やかな演目にすれば良いのにと思っていましたが、人のつながりにじーんとするのも年明けらしいのかもしれません。

兄貴分の正太郎を演じた猿之助は今回はなんだか控えめだった気がします。
弟分の巳之助は抜けているように演じつつ泣かせる長台詞が多くて大変そうでしたがこれは良い役ですよね。
頑張っているなあ。

初めて観ましたが、ところどころで目頭が熱くなる泣かせる人情話で見ごたえありました。
わかりやすいストーリーで誰でも楽しめると思います。
オー・ヘンリーの『20年後』がモチーフにあるということなのでちょっと読んでみようかな。

来週は第2部。
がらりと趣向は変わって舞踊が多いようです。
これまた楽しみ。


(2014.1.4)


タグ

2014年1月 7日

ruru (17:14)

カテゴリ:旅行・イベントコンサート・芸術鑑賞

« 宝塚歌劇 宙組公演『風と共に去りぬ』@東京宝塚劇場 | ホーム | クインテット-五つ星の作家たち@損保ジャパン東郷青児美術館 »

このページの先頭へ