春のぼたん祭@上野東照宮ぼたん苑

毎年4月から5月にかけて、上野東照宮ではぼたん祭が開催されています。
ちょっと遅いかな?と思いつつもGW明けに行ってみました!

120508b.jpg

120508c.jpg

このぼたん苑で開催されています。

120508d.jpg

120508e.jpg

関係ないけどカラス。

120508f.jpg

ぼたん苑の中まで入るのは初めてだったのだけど、風情ある作りになっている!
和風で素敵です♪

120508j.jpg


色々な種類のぼたんが植えてあるので、盛りが過ぎてしょぼくれているのもあれば、綺麗に咲き誇っているものもあり、またこれからの蕾もありといったばらばらの状態。
特に遅かったわけでもなさそうです。

破れ傘の下で華やかに。

120508g.jpg

ちょっと南国風?
黄色もあります。

120508k.jpg


花弁がこんなにある種類も華やかで良い^^b

120508q.jpg


ぼたんのアップたち。
くしゃふわっていう花の雰囲気が好き。

120508h.jpg

120508i.jpg

120508l.jpg

120508m.jpg

地味ながら良いところではないですか!ぼたん苑。
好きな人はとっくに見終わってしまったのでしょうか、空いていました♪

お客さんは皆一花一花立ち止まっては写真撮影。
ぼたんは本当に華やかだなあ。
たった一つしか花が咲いていなくても存在感があります。

それほど広くはないですが、種類は多く、たっぷり時間をかけて楽しみました*^^*

ぼたんのお手入れは本当に大変だから、係りの方のご苦労が偲ばれます。
うちの実家でも毎年天候にあたふたしながら花を守っていますが、今年はどうだったのかな。
最近強風や雨があったのも気になっていましたが・・無事美しい姿を見せてくれました。


出口間際には俳句を書く場所があって、目の前の茶店ではお茶もできます。
お茶をいただきつつ俳句をしたためるとか・・風流ですね。

120508n.jpg

皆さんなかなかの腕前。
ちらほら混じっている外人さんの間違い短冊がウケタw

120508o.jpg

このぼたん苑の盛りはいつになるのかなあ?
GW中でしょうか。
ツイッターでちらちら情報収集していましたが、あまり流れていませんでした。
年齢層がマッチしていないのか (。・ε・。)

今年に限って言えばの情報ですが、GW明けでも十分堪能できました、とメモメモ。

120508p.jpg

次回は冬ぼたんに行ってみようかな。
雪の中のぼたんも良さそう。


出口は奥になるので、東照宮の社殿の方へ出ます。
と言っても、社殿は現在修復中で印刷された布?がかかっているのしか見ることができません。

周りで少しパチパチ。

胸を張る狛犬さんとか。

120508r.jpg

狛犬さんと燈篭とか。
銅灯籠は徳川御三家他諸大名の寄付に寄る物。
(と考えると胸躍ります♪)

120508s.jpg

あ、これがぼたん祭のポスター。
京成で見て出かけました。
毎年気になっていたものの機会なく・・しかし写真を撮りたいと思うと何とか期間に合わせて出かけていくものですね^^;

120508t.jpg

石灯籠も大名たちの寄付に寄る物。
写真で見ると一見ひっそりした参道ですが、隣の上野動物園から奇声(鳥?ペリカンとか??)が聞こえてくるのが上野ならではか^^;

皆何が鳴いているのか確認しようと覗き込もうとしていましたね。
池が見えた気がする。

120508u.jpg

また、恥ずかしながら知りませんでしたが、広島の原爆の種火がここで保存されているそうです。
これは山本達男さんという方が、広島の叔父さんの家の焼け跡から福岡まで持って帰ったという火です。
平和を祈って何十年と灯し続けていたなんてすごい。。
思いの重さを考えると色々考えさせられます。。

ぼたんの花で高揚していた気持ちがやや沈みつつ東照宮から退散することに。


東照宮前にはこども遊園地があります。
懐かしいなあ。
多分子供の頃遊んでいたところだと思うのだけど。
他にないもんね?遊園地。

120508v.jpg

子供の頃は広く感じていたのに、実はめっちゃ狭いんだね(゚Д゚)


(2012.5.8)


タグ

2012年5月14日

ruru (01:44)

カテゴリ:旅行・イベント旅行・お出かけ

« セザンヌーパリとプロヴァンス@国立新美術館 | ホーム | 近代洋画の開拓者高橋由一@東京藝術大学大学美術館 »

このページの先頭へ