松山・道後温泉旅行1.

今年の夏の旅行は松山・道後温泉へ。

成田空港からジェットスターで行けるようになったので、飛行機で行ってみました。
LCC・四国共に初めての体験♪

LCCをニュースで見た時は、いくら安くても狭かったりサービスが悪かったり絶対使うことはないだろうと思っていたのですが・・。
国内なら1時間ちょっとだしものは試しということで。

だって電車よりも安くて早いから^^;


実際乗ってみると、若干席は狭いものの短時間なら気にならない程度。
でも体格のいい男の人はつらいと思うのでやめた方が良いかも。

問題は手荷物で、無料でと思うと大きさ・重量に制限があります。
普通の旅支度は軽く収まるのですが、嵩張るお土産なんかを買ったらアウト。
旅先で買い物をたくさんしてしまう人は最初から有料手配しておいた方が良さそうです。

サービス云々色々雑ですが、コスパを考えればまあいいか。
これが国際線で長時間・遠距離の場合は若干不安だけれど、国内線なら今後も使おうかな。

手荷物の大きさ・重量の目安や搭乗の流れを1回経験すれば不安も消える。
次回はもっと気楽に使えそう。


さて、そんなわけで千葉県から愛媛県へばたばたと移動。
折角の旅行ですがあいにくの土砂降りでした。

松山空港から路線バスで道後温泉へ。
リムジンバスは大手航空会社の到着時間に合わせてあるのです。。
こういう細かいところがやっぱり微妙なんだよね (。・ε・。)

それでも空港から市内も道後温泉も近いから便利です!
1時間もかからず到着。

ホテルに荷物を置いて、昼食へ。

下調べもなく道後温泉本館前の一六茶寮に入りましたが、ここで正解♪
松山名物のタルト有名店一六本舗が経営する喫茶店で、2階席から道後温泉本館を眺めながら食事やお茶ができます。


130825.jpg


旅館の夕食は早いのでお昼は軽く。
鍋焼きうどんとゆずジュース。
両方美味しかったけれど、ゆずジュースには特にはまる。


130825b.jpg


遅めの時間だったからかどしゃ降りの悪天候だったからか空いていてゆっくりできました。
もうこの日はとにかく天候がひどかった。
そのため道後温泉のアーケード街をうろうろして旅館でくつろぐことにしました。

宿はふなや。
正岡子規、高浜虚子、夏目漱石などとゆかりがあり、皇室御用達だったというお宿。
伊藤博文の写真なんかもありました。

文学・歴史好きの心をとらえる創業三百八十余年の旅館です(*´∀`*)

130825g.jpg


実はタルトの存在を知らなかったけれど、愛媛には散乱しているw
そしてとても美味しい♪
全国区になっても良いのに。


130825h.jpg


食事は瀬戸内会席。
美味しかった~♪

130825c.jpg

130825d.jpg

130825e.jpg

130825f.jpg

旅館の食事はいつも多過ぎるのですが、丁度良かった。
品がある感じ。

写真は一部です。


(2013.8.25)

タグ

2013年8月30日

ruru (09:46)

カテゴリ:旅行・イベント旅行・お出かけ

« 花開く江戸の園芸@江戸東京博物館 | ホーム | 松山・道後温泉旅行2. »

このページの先頭へ